料理と人生は日々修行!vacanzaCheflog
神戸北野にある一日6組様限定のイタリア料理店VACANZA シェフの日常を覗いてみるドキュメンタリーです。お役立ちレシピ公開や料理道具あれこれなど珍情報満載!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしゃれ!?
DSC_2240のコピー

皆さんはおしゃれですか?

シェフはおしゃれではありません・・・

ある程度は頑張っていますがね。

街のおしゃれさんはとても努力家だと思います。

おしゃれと言っても、沢山の分野がありますよね。

ファッションであったり、お家であったり、車や生き方だったりと。

シェフはおしゃれな人が好きです。

常に新しい感覚だったり、何かにこだわっていたり。

自分のスタイルを持つと言う事なのでしょうかね???

今回のお家もそうなんですが、シェフのオシャレ指数にあった完成度にしないと後々しんどいと思うのです。

ですが、昔から憧れていた洋書なんかもあり、油断すると少々麻痺してきます・・・

寝室は少し雰囲気を変えて、明かりはシャンデリアにしようと思っていましたから・・・

少々イタイのです。

シェフはシャンデリアの下で寝るような人ではないのです。

シェフが今使用している寝具は、なんじゃこら!?的なセンスですし、いつも首がべろ~んと伸びたTシャツを愛用しています。

そんな寝室にするとシャンデリアが泣くでしょう・・・

難しいですよね。

おしゃれにはなりたいのですが、めんどくさいし・・・

でも少しは背伸びをしたいような、したくないような。。。

うれし、はずかし、おしゃれな生活。。。(笑)そんな感じです。

そこで、目標はズバリ!!

ニューヨークの街はずれにある、雑居ビルの一室で貧しくとも楽しく生きる!!的な雰囲気に決定しました。

どうなることやら・・・


スポンサーサイト
墨だし。
DSC_1840のコピー

墨だしとは、間取りの位置決めです。

専門的には解りませんがね・・・

ほんとは図面があって、ある程度の位置は決まっているのですが、実際にこの辺!?とか、もう少し大きいほうが!?とかあると思います。

グリッドデザインの社長、坂本君と相談しながら位置を決めていきます。

部屋の位置を決めて作業にかかってもらった翌日、昨日の位置が変わってました。

神経質な方にはオススメできませんが、彼らはず~っとこの事ばかり考えて仕事をしているので、最終判断は彼に任せるのです。

後で気に入らなければ文句を言う計画のせこ~いシェフなのです。(笑)
壁を立てる。
DSC_1831のコピー

床工事が完成したので、これからは壁を立てる工程です。

今回の工事は一度全てを取り払って、何も無い状態からです。

どんな事でもできそうですが、できません・・・

予算と言う物が存在しますから。。。

なので、間取りやお風呂の位置、キッチンの位置などは変更しようが無いのです。

初めからそんな希望は勿論持ってはおりません・・・

作業が早くて予算が掛からない、それでいて希望に添うように。

打ち合わせを重ねながら、意見をまとめていきます。

この時点では、細かい事は決まってないのです。
平鱸
DSC_1498のコピー

この魚ヒラスズキと言います。

昨日シェフが釣ってきました。

とても奇麗な魚です。

明石にはいませんが・・・(ひょっとしたらいるかも知れませんね。)淡路島の南で釣ってきました。

大きさは44センチと小さなものですが、釣り人にとっては憧れの魚なのです。

荒磯や外洋に面したサーフなどで釣ることができます。

今回の獲物は味噌漬けにして美味しく頂きました。

シェフはスズキ釣りが好きで、この時期は釣場へよく足を運びますがイマイチ・・・

食物連鎖の頂点にいるスズキですから、餌となる小魚がいないと話になりません。

今年は小魚が少ないのですよ・・・

なので、厳しいシーズンになりそうです。。。
床工事終了。
DSC_1815のコピー

これで床の下地はりが完了しました。

写真に写っているのは、不動産の営業担当竹中君。

シェフと非常に仲が良いのです。

彼の心使いに感謝、感謝です。

ありがとう!!竹中君。
縁の下の力持ち。
DSC_1719のコピー

言葉通り床の下に配置されたゴム状の土台。

これは、階下への音漏れや、振動を軽減する効果があるそうです。

床のレベル調整もクルクルとネジ状になっているので、作業が早い!!
床はり。
DSC_1703のコピー

次の工事は床はりです。

今日から一番長くお付き合いする事になる大工さんの登場です。

この大工さんがかなりの男前!!

それにかなりの腕前です!!

心強いシェフなのです。

配線工事
DSC_1472のコピー

今まで使っていた電気配線を新しい物と交換します。

もの凄い量の配線。

入れ替わりながら、沢山の職人さんが作業してくれます。

マンションってこんな風に出来上がっていくのだと非常に面白いです。。。
配管工事
DSC_1468のコピー

床下には、沢山の配管が通っている。

水道、排水、ガスなどだが、段取りよく進んでいく工事。

職人さんの技に感動しました。
キレイサッパリ
DSC_1444のコピー

きれいさっぱりと解体完了しました。

こうやって見ると、案外小さいもんですね。

このマンションも地震を経験しているのですが、丈夫そうなので一安心。(おもいっきり素人判断です・・・)

亡くなりました。
DSC_0165のコピー

以前ご紹介した、魚屋の愛犬ヨーゼフ。

先日、魚屋からメールが届き亡くなったと伝えられた。

シェフはビックリした。

ショックです・・・

まだ1歳でしたからね。

原因ははっきりとは解らなかったそうです。

こないだも一緒に遊んでいましたから、信じられません・・・

明日にでもお参りに行こうと思います。
冬支度。
DSC_2644のコピー

周りの景色に冬支度を見つけました。

今年は冬の訪れが早いみたいですね。

そろそろ風邪が流行ってくる季節です、体調管理には気をつけて下さいね。

シェフはインフルエンザの予防接種に行ってこようと思います。
無事終了。
DSC_1454のコピー

何とか無事に終了しました。

近隣の皆さん、ほんまにスイマセン・・・

申し訳ないです。

の一言です。。。ハイ。

解体工事で一番の問題でしたから、苦情も出ず一安心です。
驚愕の破壊音・・・
DSC_1352のコピー

ブロックで囲われた水周り。

中にはキッチリと鉄筋が入っています。

これを解体するのです。

あ~気が重い・・・

なぜなら、驚愕の破壊音が出てしまうのです。

道路工事などで「ガッガッガッガッ!!」と凄い音でお馴染みです。

職人さんとグリッドスタッフにお願いして、シェフは仕事へ向かいました。

明日苦情が出てなければ良いのですが。。。
只今、工事中。
DSC_1346のコピー

さあ、始まりました。

解体工事、凄まじい音や埃、近隣の方へのご挨拶は欠かせません。

工事業者が、マンション1階なのでとても話がスムーズなのです。

最近はゴミ問題で解体工事の単価も急上昇しているそうです。

大量のゴミを発生させているシェフは少し後ろめたいのです・・・
新たな出会い。
DSC_1864のコピー

人との出会い、家との出会い、仕事との出会い。

色々な場面で出会いは存在するのだが、本人が望んで出会いを求めても縁が無ければいつの間にか、離れていく気がする。

今回、新たな出会いがあった。

以前より存在は知っていたのだが、たまたまの縁で仕事をお願いする事になったのだ。

シェフは今まで自分から縁を作りに行くタイプだったのだが、あまりしっくりこないな~・・・と思い始めていたのです。

勿論ガツガツ前進する事はとても大事な事だと思うのですが、自然が一番みたいです。

きっと縁と言うものが存在するのでしょうね。

現状。
DSC_1106のコピー

シェフが住むことになる家。

今のまま手直しして住むことも可能だが、現状は部屋が沢山あってシェフの使い方には少々不向き・・・

30年前この部屋を見ていたならば、新鮮だったのでしょう。

間取りについても、できるだけ沢山の部屋があるほうが喜ばれていたのでしょうね。

DSC_1110のコピー

DSC_1113のコピー

DSC_1125のコピー
試作。
DSC_1059のコピー

今日は今月のメニューの試作を作っていた。

あまりぱっとした物が出来ない・・・

難しいです。

生みの苦しみなのでしょうか?

栗のペーストを魚と合わせたいのですが、なかなかしっくりこないのです・・・

あ~でもない、こ~でもないとまだまだ試作に時間がかかりそうです。

美味しい!!となれば最高の気分なのですが、それを目指して頑張ります。
紅葉
DSC_1371のコピー

そろそろ紅葉の季節です。

北海道ではそろそろ見ごろではないでしょうか?

もう終わってましたかね???

神戸では六甲山が有名ですが、まだまだの状態です。

が、

シェフの駐車場に小さな紅葉を見つけました。

今から楽しみなシェフなのです。
予感。
DSC_1404のコピー

秋が深まってきましたね。

秋の空はとても気持ちが良いものです。

特に空一面の鱗雲に出会うと嬉しくなります。

なのでこの季節カメラは手放せません。

この日もあと少しで奇麗な鱗雲に出会えそうな予感です。

雲は一時も同じ姿はしていません。

忙しい毎日ですが、ほんの少し空の雲を観察してみませんか?

かなり癒されますよ。。。
小さいながらも楽しい我が家。デザイン0%
DSC_0365のコピー

こないだから問題のリノベーション。

デザインは必要無いという答えにたどり着いた。

間取りも誰が考えたってほとんど同じ。

壁は白く塗ってあれば問題ないし、床は無垢材ならば問題ない。

よく考えてみると姫路城だって白壁に無垢の床。

昔からそう決まっていたのだ。。。

照明器具なんて予算内でなんとかすれば良い。

イケアが強い味方になってくれるだろう。

そんな方針を基に事が動き出したのだ。
小さいながらも楽しい我が家。コスト管理
DSC_0379のコピー

着々と進んでいるように思える我が家のリノベーション。

ですが、全く進みません・・・

気が滅入ります・・・

何がかって?

予算が無いからです。

今回は工務店にお願いするのでは無く、デザイナーにデザインと設計をお願いしてそれを基に、直接業者さんと工事の請負契約をすると言う段取りです。

メリットは中間の工務店を通さないので費用が抑えられると言うことです。

デメリットは途中に発生したトラブルはシェフが解決しないといけません。

段取りが狂ってしまい、職人さんが仕事待ちになってしまった場合その費用もまた自分で何とかしないといけません。

工務店にお願いするとその分を見込んだ費用が掛かります。

デザイナーの仕事はデザインと設計、それに図面通りに施工できているかチェックする事です。

素人が分離発注するのはよっぽど、職人さんとなんらかの繋がりがないと出来ません。

もしこのまま行くと、間違いなくトラブルになります。

図面と仕様書をあちらこちらの工務店に渡して見積もりを貰いました。

それを見ると愕然とする金額・・・

お話になりません・・・

なので、シェフが全て仕切る事にしました。

どうなる事やら・・・
キノコの季節
DSC_0575のコピー

キノコの美味しい季節です。

フレッシュな物も勿論使いますが、乾燥させた物も良い味を出してくれます。

今回はアミガサ茸とポルチーニ茸を使います。

これを和牛のスネ肉と一緒にトマトと煮込みます。

DSC_0605のコピー

8時間ほど煮込めばキノコのラグーが完成します。

ここに白トリュフのペーストとバターでじっくりと焼いたフレッシュなキノコを合わせてパスタにからめます。

一口食べれば秋の香りが広がって最高です。

キノコが豊富なこの時期に是非お試し下さいね。
食品問題。
DSC_1157のコピー

最近、食の安全を根底から揺るがす事件が続いていますね。

問題外だと思うような事件ばかりですが・・・

正直明るみに出ているのはほんの一部だと思います。

普段あたり前のように食べている物が安心できない・・・

変な世の中です。

だからといって安全が最優先ではないのが現実だと思います。

値段が安いで選ぶより、何が安いのかを検証する必要があると思います。

クオリティーとでも言うのでしょうか?

何がを知るためには知識が必要ですし、そんなに簡単には見破れません。

食育に真剣に取り組むきっかけになるのではないでしょうか。

ほんとに安全で全うな食物がどのくらいの価格なのかはシェフの知る限りですが、お知らせしようと思っています。
お祝い。
DSC_1145のコピー

友達の結婚祝いにお鍋をプレゼントしようと思っていたのだが、シェフが使うお鍋は業務用で家庭のコンロには対応していない事が解り、急遽変更。

名付けて「イタリア料理入門キット」!!

旦那様もお料理に興味があるそうなので、喜んでもらえると嬉しいのですが。

内容は・・・

DSC_1130のコピー

こんな感じです。

とても喜んでいただけました。

やはり実用品に限りますよね~。。。

プレゼントに悩まれたらいかがでしょうか。
お料理教室。
DSC_1054のコピー

さあ、3回目のお料理教室。

3回目ともなると、皆さん包丁捌きが板に付いてきました。

今回はイカ、タコのした処理と難しい魚(生きている魚を〆てから調理したり、身が柔らかい魚など)です。

これが皆さん墨まみれになりながら楽しんで習得されていました。

3回だけですが、こんなに進歩するのだと感心しています。

このお料理教室に参加するだけで、一通りの魚を捌けると言うのは嬉しいですよね。

切り身を買うのも便利で楽ですが、一匹買うと鮮度を見極める事ができますし、なによりも安い!!

あちらこちらでお魚を対象とした教室があるそうです。

是非参加されてはいかがでしょうか?

確かにメンドクサイ作業ですが、面白いのも事実です。

さて、次回は4回目最終回です。

今まで習った事を生かしてのお料理教室です。

楽しく、充実した教室になるように今から気合をいれています。
小さいながらも楽しい我が家。デザイナー
DSC_0396のコピー

シェフのリノベーションを担当してくれているデザイナーがいる。

彼の能力や力には流石と思える事があって、絶大な信用をおいている。

ただデザインを取り入れるだけの予算が必要なのだ・・・

彼が言った言葉が心に突き刺さった。。。

「僕どこをデザインすればいいんですか???・・・」

そうです。

シェフのお家にはデザイナーなんて最初から必要なかったみたいです・・・

どうなることやら。。。
小さいながらも楽しい我が家。選ぶ事
DSC_0386のコピー

最近シェフはお家をリノベーションしようと奮闘しているのだが、あれを決めこれを決め・・・と選んでばかりいる。

そんなに理想があるわけでも無く・・・

いつもそんなに選択肢がある人生では無かった。

自分の適性を見極めた人生と言うよりは、消去法で残った人生とでも言ったほうが・・・

正直な事である。

でもシェフは満足しているし、そんな人生が自分らしいと思う。

まったくのゼロから自分の好きなようにして良いと言われると困る・・・のだ。。。

これしか無いという中で、どんな風に知恵を使うか!?に魅力を感じる。

おそらく人間の脳が都合よくそう思えるのではないだろうか。。。

車談義で「オレはフェラーリに乗りたいとは思わへんねん、フィアットが良いねん!!」と言うと、それはな、収入があれば欲しくなるもんやねんで~。と言われたのを覚えている。。。

まあ、都合よくならなければ、都合の良い脳があれば良いわけで・・・

そんな構図がお家騒動にもあてはまり、少々困ってしまう。

確かに欲が出てくるのですよ。。。

ここで少しの不安が。。。
しめ鯖。
DSC_1090のコピー

明石の昼網で脂の乗ったマサバが揚がりはじめた。

正直明石のサバも美味しいのですが、九州のサバが一枚上手!!

認めざる得ない事実です。。。

早速しめ鯖を作りました。

美味しい!!

これが美味しい年齢です・・・

まん丸に太ったサバが手に入ったら、是非チャレンジしてみて下さい。

サバを三枚におろし、腹骨をすき中骨を骨抜きで抜きます。

あら塩を身にまぶし(ベタ塩とも言います)塩で身が隠れるほどです。

その状態で2時間。

少し長く感じるかも知れませんが、しっかりと脂が乗っているものでしたら4時間ほど時間を置いても問題ありません。

この塩をしっかりとしないと生臭みが抜けません。

水で塩を洗い流し、お酢に漬ける。

20分ほどです。

水分をペーパーでふき取り、冷蔵庫で1日寝かせる。

食べる直前に、皮を頭側からめくる。

適当な大きさに切り分けて完成です。

薬味に工夫して美味しく食べてみて下さい。

ポイントは魚の鮮度と塩と酢の時間です。

自分なりのレシピを完成させてみて下さいね。
お宝発見。
DSC_1027のコピー

親戚のお家の倉庫から出てきました。

古びた箱に入っていたワイン。

持ち主が白ワインが色が変わっていると言っていましたが。

問題ありません。

美味しいデザートワインです。

赤も液面を確認すると問題ないようです。

状態はおそらく問題なさそうですし、ラッキー!!です。

なんでも持ち主のおじいちゃんは電力会社の社長さんだったらしく、さまざまな贈り物があったそうです。

シェフは是非倉庫で宝探しをして、「良い仕事してますね~」と言いながら、物色してみたいものです。(笑)
copyright © 2005 料理と人生は日々修行!vacanzaCheflog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。