料理と人生は日々修行!vacanzaCheflog
神戸北野にある一日6組様限定のイタリア料理店VACANZA シェフの日常を覗いてみるドキュメンタリーです。お役立ちレシピ公開や料理道具あれこれなど珍情報満載!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終日
sora2.jpg

今日で11月も最終日です。はやい!!シェフは月末と言えば何かとバタバタしています。

今特に時間を掛けているのがクリスマスディナーの試作です。

美味しい料理は勿論ですが、提供時間にも気を配らなくてはいけません。

毎年なんですが苦労します・・・

ですが頑張りますよ!!ご期待下さいね。

写真は冬の海です。どんな仕事でも同じだと思いますが、光のあたる時は一瞬でその他は地道な事ばかり・・・そんな思いを表しているように見えました。

スポンサーサイト
母の手で持って帰って並べた料理
gohan.jpg

シェフの両親は二人共定年退職し、たまに1泊旅行に出かけるのが楽しみみたいだ。

高級な旅館やホテルに泊まることはまず無い、大衆的なお宿によく泊まる。

シェフは実家で生活しているので、今でも母親の手料理を食べる。

以前にも紹介したように母は料理が苦手だ・・・センスが無い。

その旅行から帰ってきて、翌日の夕飯です。(写真は・・・)

どうやら旅館におつまみが置いてあったのを持って帰ってきたみたいだ・・・

これはおつまみであって食事ではない!!おつまみである!!

シェフの母は食事としてだす・・・海の友、チーズコロン、わさび海苔・・・やはりおつまみである!!食事ではない!!おつまみだ!!

それがね一つ一つのレベルは高く、かなり美味しいのだ(笑)でもおつまみである!!

こんな時にオススメな料理は、ねぎ、カツオ、醤油ご飯。

熱々の白いご飯にねぎとかつお節、お醤油を適量かけてよく混ぜて完成。

美味しいですよ!!お好みで海苔を巻いて召し上がれ!!

こんな事を書くと、クリスマスディナーの予約が心配だ・・・ご安心を!!母のおかげで食に対する探究心は人一倍育ってますから。

クリスマスディナーのお知らせです。
na.jpg


神戸の街を歩いていると、あちらこちらでクリスマスの雰囲気が出てきましたよね。みなさんはクリスマスの準備は出来ていますか?

さてVACANZAでは恒例のクリスマスディナーをご用意しております。

今年のメニューはどうしようか??いつも頭を抱えています。

毎年シェフの中では一年の総決算のつもりで挑みます!!気合はバリバリ入っていますよ。

今年は12月14日(木)から12月25(月)までです。

23(土)24(日)25(月)は5時30分からと8時30分からの2部制で行います。

14日から22日は時間制限なしでお受けしています。一日6組様限定です。

お一人様6500円(税サ別)内容はまだ未定なんですが、とにかく気合は入っています!!とだけお伝えいたします(笑)随時お知らせしていきますね。

完全ご予約制になります、ご都合が決まり次第ご予約下さい。お待ちしております!!

やったぜ!!
ika4.jpg

仕事帰りに釣りに出かけた、雨が降る中。イカを狙って。

シェフは雨降りなら喜んで釣りに行く。晴れて高気圧が海面を押してるよりも、気圧が低くて海面にプレッシャーが掛かって無いほうが、良いように思うからだ。

何バイか釣ってしばらくすると、小さなあたり。反射的に合わせてみると、いつもの引きとは少し違う??

大きい!!なんとかやり取りして寄せてはきたが、足元で動かない・・・強引に引くと「プツッ」イカの身が切れてしまった。

シェフは反射的に海に飛び込み(頭からではないですよ!!浅い場所なので!!決して真似したらダメですよ!!)イカに馬乗りになってました。

一瞬逃がした・・・と思ったのですが、手にイカの感触が!!強引に掴み何とかゲット!!

そんなに自慢できる大きさではないのですが、1・6キロの大物でした。(最大は4キロ近くまで成長するみたいです。)

シェフの目標は2キロオーバーなんですが、ほんの少し近づいた喜びでいっぱいでした。

これがあるから止められないんですよね。


ika3.jpg

六甲山牧場の歩き方(その4)
ro5.jpg

六甲山と言うと夜景ですよね。いろんな所から見えるんですが、摩耶山にある夜景スポットに行ってみました。

ここは摩耶ケーブルの山頂にある駅(星の駅)に整備された場所だ。

夜景が綺麗な事とは別に、神戸市自慢のキラキラ小径と言って、蓄光する石が天の川のように散りばめられている広場がある。

ro3.jpg


女性は喜んでくれると思いますよ!!シェフおすすめです。(交通規制がありますので、くれぐれも違反のないように!!)

家族連れやカップル達が、歓声を上げている横でシェフは気合の手持ち撮影を試してました。写真がブレブレなのはお許しを。

神戸市自慢の広場でも落とし穴がある。

石を光らせる為にブラックライトを当てているんですが、人にも当たっている訳で、天の川を歩いてみると、顔がどす黒く、歯が浮き上がって宇宙人のような状態になります・・・神戸市の詰めの甘いところである。

愛の告白なんてされる方はくれぐれも展望台側でされる事をオススメします。(笑)

こんなところが六甲山の魅力でしょうか?なかなか楽しい山でしょ?行きたくなってきません?

六甲山で遊んだ後は是非VACANZAでお食事を!!お待ちしておりますよ!!
六甲山牧場の歩き方(その3)
ro2.jpg

お土産を探して歩いていると、見慣れた少女が両手を広げて迎えてくれた。

シェフが子供の頃大好きだったアニメ。アルプスの少女ハイジ!!

ハイジのカフェがあった。勿論お土産に最適なハイジグッズも所狭しと並んでいた。

かなりメルヘン指数が高いのだが、お土産はハイジに決定。不思議なもので、34歳のシェフだがハイジグッズに囲まれていると、なんだか欲しくなってきた。

シェフはハイジシールを買ってしまった・・・お店のチーズのメニューに貼ってやろうと密かに計画中です!(ハイジが美味しそうにチーズをほお張っているシールです)

子供の頃、干し肉、ヤギのミルク、丸いチーズ、干草のベットに憧れませんでした?団塊世代ジュニアのお客様がハイジシールでチーズを注文するだろうと、セコイ考えのシェフである・・・

お会計を済ませて、次の目的へ。

六甲山牧場の名物で、カマンベールのアイスがある。是非今回食べてみようと思っていた。

売店に入り早速食べてみた。正直、博士のアイスの勝ちだった。それなりに美味しいですよ!!

最後にお土産券を持って引き換え所に行くと、焼き菓子をくれた。

ノルマを達成できたシェフは綺麗な夕日を見ながら駐車場に行こうとすると、誰もいない・・・ほかのお客さんが停めている駐車場は売店から直ぐだが、シェフが停めた駐車場は山の上の方にあった・・・

誰もいない牧場をとぼとぼ歩いて帰っていった。子供時代の感覚が少し蘇った・・・

2時間の戦いが無事に終了した。

なぜそんなに急いでたのか?答えは簡単!!

六甲山牧場の優待券(ただ券です)を貰っていて、期限が近づいていたからだ・・・

貧乏暇なし!!シェフの為にある言葉です。

ついでに行ってみたい所があったので、急遽車を走らせた。

六甲山牧場の歩き方(その2)
ro1.jpg

山の夕方は早いですね、気温が下がりだすのが体感できます。

次は体験教室へ!白い建物の中に入ってみると、ガラス張りの実習室が見えた。中にはカップル一組と、女の子二人組が楽しそうに何かを試食していた。

玄関の張り紙に受付時間の案内が書いてある。「3時30分最終」・・・

只今の時刻3時40分!

ガーン・・・楽しみにしてたのに・・・

下のほうに小さく御用の方はこのボタンを押してください。の文字を発見!!ダメもとで尋ねる事にした。

ボタンを押すと白衣を着た博士のような男性が出てきた、今日は終了ですか?と聞くと、カッテージ チーズは無理ですが、アイスクリームとバターなら大丈夫ですよ!と優しく答えてくれた。

博士最高!!

シェフは両方お願いして、実習室へ。

少し待つと、博士が材料と道具を持って来てくれて実習スタート。

まずはバターから、シェフは勿論バターがどのように作られているのかは知ってはいるが、作った事は流石にない。

生クリームを攪拌して脂分だけを取り出して、精製して塩味を付けて完成です。約20分程で出来上がり!!

ro8.jpg


さて次はアイスクリーム!シェフは内心対抗心を燃やしていた。「博士!悪いけどな、ワシはプロやで!!毎週アイス作ってるねんで!!子供だましの様なアイスやったら怒るで!!」と・・・

アイスの実習がスタート!こちらは簡単です。材料を混ぜ合わせて冷やすだけなんですが、冷やし方なんです。シェフはお店のアイスは手作りなんですがアイスクリーマーで作ります。

こちらは、原始的に氷に塩を添加して冷やし固めるタイプ。冷えてきたらスケッパー(へらのような物です)で周りから削り、空気を混ぜ込んでいくスタイル。

なんだ簡単!!と作業を進めるが、博士がジッと見つめている。一人で出来るもん!!と思っていたら。

突然博士が今です!!と声を張り上げた。

見ると3分程しかたってないのに、アイスの素が一気に固まりだした!!凄い!!頑張ってコネテいると、そろそろ大丈夫です、と博士。

ro9.jpg


博士がクラッカーとコーン、持帰り用の入れ物、保冷剤をそっと置いた。「これで実習は終わりです、かたずけはこちらでしますのでそのままでお帰り下さい。」

急に寂しくなった・・・

気を取りなおして、試食です!!まずはバターから少量を取りクラッカーに塗ってから一口。

ro7.jpg


口に入れると何とも言えないバターの風味が広がります。確かなコクとほのかな香りが。美味しい!!鮮度が良いとこんなに雑味が無いものかと感動しました。

続いてアイス。コーンに載せて一口。

ro6.jpg


旨い!!クリーミーでミルクの香りがあり、上品な甘さで。博士ゴメン!!シェフはナメテました・・・あまりの美味しさについついおかわり!!

試食も終わり帰ろうとすると、準備室の中からカチャカチャと洗い物をする音が聞こえてきた。たぶん博士が道具を手洗いしているんだろうと思うと、仕事って大変なんだな・・・とまた少し寂しくなった。

準備室に一礼して、実習室を後にした。

次はお土産だった!!時間が無い・・・
六甲山牧場の歩き方(その1)
ro13.jpg

シェフが到着したのがPM3時前、慌てて入り口ゲートをくぐり抜けるとヤギさんがお出迎え!この日は平日でガラガラ・・・

シェフは貸切状態なので大喜び。

看板にヤギの乳搾り体験500円!に少し迷うが勇気が出なかったシェフはスルーする事にした。

振り返るとヤギさんがこちらをジッと見つめていた・・・

今度は牛君がお出迎え!勿論つながれているのだろうと、近くに寄るとバリバリの放し飼い!!!

恐いです・・・デカイですからね。

平気な顔してスルーしようとすると付いて来る!!そこにベンチに座ったおばちゃん3人組にターゲットを変えたみたいで一安心。

おばちゃん達も最初は大喜びだったのだが、犬のように擦り寄ってくる牛君に顔が引きつってました・・・シェフは時間がないので見て見ぬふりでスルーです。

少し開けた小高い場所に着くと、遠くに海が見えます!!

気持ち良い!!こんな場所でお弁当なんか広げたら最高でしょうね。(牧場なので要確認です!!)

そこを下ると居ました!!羊達の沈黙が。

恐る恐る近寄ると、羊達もこちらを見て見ぬふりをしてくれるので、一安心。

口をもごもごと何かを食べている様子、これがウールかとソーッと触ってみると、手触りが悪いのなんの・・・

優しく触ってたつもりがトンと手があたると、ビクッ!!とするんですよ。

食物連鎖の最下部に位置する動物なんだと再確認。

面白いのでもう一度!!ビクッ!!2回位なら羊さんも許してくれると思います。是非お試しあれ(羊くんごめんよ)


ro10.jpg


子羊のローストがいたので撮ってみました。カワイイです!!シェフはどうしても料理の事が頭をよぎるのです・・・

とうぶん子羊がお店のメニューに上る事は無いと思います・・・

いよいよ次は体験教室!急がないと時間切れになりそうな予感。

間に合うだろうか?
すみません・・・
ahi.jpg

シェフのPCが調子悪かったので、更新が止まっていました・・・ゴメンナサイ!!

PCは復活致しましたので、シェフログも復活です!!
神戸のアルプス
ro15.jpg

今日のお休みは朝から研修会に参加した、午後から時間ができたので、神戸のアルプスにバカンスに出かけた。

神戸は海と山に囲まれている。

地元の人は東西南北の北と南を上と下や、山側、海側と呼ぶ。

シェフも知らずのうちにそう呼んでいた。神戸以外からのお客様に電話で場所を説明する時に、上へとか下へなどと言ってしまう・・・

今回のバカンスは神戸の上へ行って来た。

神戸の山と言えば六甲山。人工スキー場やホテル、保養所など山頂付近は色々な施設がある。

バカンスと言えば牧場!!(かなり強引だが・・・)勿論六甲山にもあります。

六甲山牧場。その存在は子供の頃から知っていたのだが一度も訪れた事がなかったのだ。

34歳にしての少し遅いデビューだった。

どこの本屋さんでも見あたらない、六甲山牧場の歩き方をレポートしたい。
冬用タイヤ
sn.jpg

冬用タイヤって知ってます?雪国の方は当たり前ですが、神戸の市街地にお住まいの方には馴染みがないかも知れません。

別名スタッドレスタイヤとも言います。

路面に雪が積もっていてもチェーンなしで普通に走れます。素晴らしい!!

シェフはこれなしでは雪国に行けません。

とにかく安全で便利ですからオススメです。メーカーは今時どこのメーカーのタイヤも素晴らしいですが、やはり石橋タイヤ製は最高です!!シェフオススメです。

勿論チェーンでも大丈夫なんですが、雪のある路面と無い路面がまだらに続くような状況では重宝します。

去年も神戸の市街地で急に積雪があった時、かなりの事故が発生していましたから、12月に入ると履き替える方が安全かもしれません。

費用の掛かる事ですが、安全が買えると思えば安いかも知れませんね。

ただし過信は禁物です!!安全運転で行きましょう。

シェフも明日車の整備をしようと思います。
使い捨てカイロ
ku,mo.jpg

最近一段と寒くなってきてますよね。シェフは基本的に暑がりなので、寒い冬のほうが好きなんですが、去年の冷え込みには心底まいりました・・・

こないだ夜釣りに友達と行ってきたのですが、友達からカイロいらんか?と言われ(シェフは使い捨てカイロなんて使った事ないんですよ、正確にはすすめられて貼ってはみたものの熱いから直ぐ剥がしてました・・・)そんなんいらん!!と一言。

時間が経つにつれ後悔の念が沸々と沸いてきました・・・少し経ってから、ごめんやっぱりカイロちょうだい、と言うと「置いてきたわ」の冷たい返事に心まで冷え切ったシェフでした。

最近の天気も不安定ですよね?

冬型と言って前線の通過とともに寒くなって行きます。

雨が降って、風が吹き、気温が下がり北風が吹く。(神戸での事ですよ)これを繰り返して冬本番を迎えるんですね。

くれぐれも体調管理には気をつけてくださいよ!!

冬型の気圧配置になった時、空の写真には最高の瞬間ですよ!!コロコロ変わる空の表情が楽しめます。

使い捨てカイロは忘れずにね。
大きくなってます。
aji2.jpg

初夏に港で釣りをすると、必ず顔を見せてくれる鯵くん。そのころはまだ7cmほどで、豆鯵と呼ばれていました。

昨日鯵釣りに行ってきました。

写真は漁師さんが獲ってきたものですが、シェフが釣ってきた物も最大で25cmもありました!!ビックリ!!

沢山釣れたので、半分はお刺身、残りは干物にしました。

脂がのって最高です、季節を凄く感じました。

調子にのって来週も行ってきます。
偽札?!本物?!
500.jpg

これ偽札ですかね?こないだお客様からチップを頂きました。

その時は「なんじゃ?こりゃ?」でしたが、しばらくして「あっ!!」懐かしい!500円札ではないですか。

500円硬貨になってから時が経ちすっかり忘れてました。

少し小ぶりなところが素敵です。

500円が硬貨になった時、保守的なシェフは一人反対運動しようかと思いましたから(笑)

500円と言うと子供にとっては大金ですが、お小遣いをあげる大人にとってはちょうどいい金額だったように思います。

ただ久しぶりに見ると、本物かどうか・・・

まだ70%くらい疑ってます。(笑)
適温!?
pen.jpg

そろそろ水族園のペンギンも快適な気候にルンルン気分だろう。

シェフはよく海水温度を測る。

マイ温度計で!!怪しいでしょ?

魚は基本的に体温の調整が出来ないみたいだ。(おそらく???)いい加減でごめんね・・・

イカなんか特にそうだったと思う。

毎年そうなんだが、その年の釣りのテーマを決めて研究する。(大袈裟ですよね?)

今年のテーマは海水温度!!

また難しいのだが・・・でも面白いですよ。

最近はなかなか読み通りに釣れるから楽しい!!

楽しい反面気になる事があります、やはり異常気象みたいですね、こちらは深刻な問題です。

20年前の海の様子と明らかに違いますし、気候も何だかおかしいようです。

これからの為に何か出来る事を探さないといけないと思います。

とりあえずゴミは必ず持ち帰る・・・まだこのくらいしか実践できないシェフである。
寒くなってきましたよ!!
so6.jpg

最近冷え込みが一段と厳しくなってきましたよね。風邪などひいてないですか?シェフは元気ハツラツです!!

来週にインフルエンザの予防接種を受けるつもりです。

シェフは5年程前に一度かかりました・・・強烈です・・・

シェフは小さい頃から風邪をひいても食欲は無くならないんですが、あの時ばかりはダメでした・・・

気を付けて下さい!!

シェフは子供のようですが、手洗いうがいは習慣になってます。

かなり効きますよ、オススメです。是非おためしあれ!!
遺跡になる日
yu1.jpg

夕方、車で走っていると田舎道に巨大な構築物が現れた。

ゴルフの練習場。

夕日に照らされて不気味な雰囲気をだしてました。

もしも今の時代が終わってしまい、人類が滅亡し新たな生物が誕生して現代のような発展があったとしたら、この練習場を見てなんて思うのだろうか?

きっとこれは魚を獲る為の罠だったのだろう、と研究家が考えているかもしれない。

今の世界情勢を見ると、人事では済まされないような危機感を覚える。

冷静にしっかりと考えなければいけない時が来ているように思う。

巨大な魚獲り網を眺めながらそんな事を考えた。
知らない事だらけ・・・
oku.jpg

これなんだか解ります?シェフは解りませんでした・・・

実はオクラの花です。こないだ畑の見学に行った時に教えて貰いました。

このお花面白い事に食べてもオクラと同じ味、食感なんです!!ビックリです。

ほんとに世の中知らない事だらけですよね。

現場に足を運ぶ事は大切ですね。花びらのサラダも可能になるし、面白い物ができそうです。

oku2.jpg


こちらが成長し、出荷を待つオクラ君です。

来月も畑に遊びに行こう!!
保存すると言う事
ba.jpg

シェフの畑ではバジリコを育てている。今年の出来はなかなかの物だった。

先日の冷え込みで、霜にやられるかと思ったのだがなんとか持ちこたえた、そろそろ収穫して冬に備えないといけない。

今の日本では年中バジリコは出回っているので、寒い冬でも手に入るのだが、イタリア料理で大切な部分!保存と料理の関係。

今あるバジリコを全部ペーストにして冷凍保存するのだ。

沢山ある贅沢な素材の中から調理するのも面白いのだが、秋に収穫した物を少しづつ調理するのも楽しい。

シンプルなパスタにほんの少しペーストを入れると、夏の香りがほのかに広がります。

そんな使い方がおすすめです!!

ペーストの作り方は簡単です。

ミキサーにバジリコの葉を入れて、オリーブオイルで回すだけですよ。

味付けをしないのがポイントです!!

容器に入れて上からオリーブオイルで蓋をするようにまわしかけ出来上がり。

簡単でしょ。我が家のパスタにいかがですか?
光の演出
gu.jpg

シェフのお店ではテーブルごとにキャンドルを置いています。

お客様でグラスやボトルなどに彫刻?だったかな・・・今度ちゃんと聞いときます・・・のアーティストの方がいらっしゃるのですが、以前お土産に頂、あまりにも綺麗なので3つほどお願いしました。

キャンドルを入れてみると陰影が出てなかなか良い感じになりました。

ちょっとした事で雰囲気って変わりますよね。
時間の不思議!?
susuki.jpg

目的地まで車で走っていると、遠いなとか、時間がかかるな、なんてよく思います。

先日片道1時間30分ほどの距離を走っていた時、行きは急いでいた事もあったのだが、かなり遠い場所だと思いました。

帰りの道中に西日がススキの穂を照らし、ほんとに綺麗な景色が続きました。

それから少し走ると、日が落ちてなんとも言えない空が続きます。

夕焼けの空です。

気がつくと到着していました。

よく充実した時間を過ごすと、あっと言う間のように感じるとか、長く感じるとか言いますよね?

どちらも正解のように思います。

時間を忘れるくらいの時間を過ごせた、と言う事なんでしょうね。

そんな時間を沢山作りたいと思います。



野菜の力
hatake.jpg

丹波で無農薬、有機栽培で育てられた野菜達、写真はからし水菜です。

シェフは生産者の方に説明を受けながら、野菜の味見をして回りました。

どの野菜も味が濃く、輪郭がハッキリとしています。サラダにすると良い物が出来そうな予感がしました。

一口食べると香りの豊かさに驚きました。

生産者の方に、なぜ丹波で無農薬の野菜作りを始められたのですか?と質問しました。

もともとはサラリーマンをされていたそうです。お子さんの病気、震災での被災などが重なり、食と言う根本の部分に取り組もうと始められたそうです。

シェフには美味しい物を作ると言う事とは別に、何か使命の様なものを持って野菜作りに取り組まれているように見えました。

これから取引が始まり、シェフの要望を伝えながら生産者と共同で美味しい物を作って行こうと思います。

週末に野菜達がやってくる、今から待ちどうしい。






湯豆腐
tou.jpg

今回のお休みは丹波笹山まで行ってきた。無農薬の野菜を求めて、先輩に紹介して貰った生産者の方だ。

お蕎麦屋さんにも寄って食事しようと思っていたのだが、予約の電話を入れてみたのだが、すでに満席・・・

お豆腐屋さんで豆腐会席を食べた。メインは湯豆腐!子供の頃はあまり好きではなかったのだが・・・

シェフは何でも食べるのだが、年のせいかやたら、美味しく感じた。

途中で「おばんざい」の盛り合わせが出てきた。丹波は京都にも近いし楽しい演出だった。

ゆっくりと食事が楽しめたお豆腐料理だった。

女性に人気があるのがよく解る!!

出荷作業が一段落したところで、畑にお邪魔した。

どんな野菜達に出逢えるのかワクワクして。
昔話について
sun.jpg

今日の朝方、寒冷前線の通過で物凄い突風が吹いた。

冬の到来だ。

暦では立冬だったっけ?

前線の通過後は大陸から寒気が入り込んで急激に冷え込む。明石近辺では西風が吹くと、海の水温が下がる。

荒れ模様だとは覚悟して、朝釣りに行ってきた。

物凄い時化・・・

今日はスズキ狙いだ、堤防に立ち釣りを開始したのだが釣り辛い・・・

背中に風を受けながら釣るのだが物凄い風圧にヨロメク・・・

恐い・・・

何度も海に引き込まれる様な錯覚に襲われる。

誰かが背中を押しているような感じ・・・恐い・・・

あまりにも危険なので引き返した。

帰りの車で、海に引き込まれたなんて言う昔話の事を考えた。

恐らく気象の事がそんなに解明されていないころ、突然の突風に恐怖したんだろう、昔話はかなり実体験だったのかもしれない。

自然の力を肌で感じた一日の始まりだった。
今年の味は?
vino4.jpg

今年のノヴェッロはどうなのでしょうか?

事前情報では、少し天候が不安定だったので出来はイマイチと聞いてはいたのですが・・・

お店にやって来て直ぐに試飲してみると、少し荒れてはいましたが「いける!」でした。

香りはベリーのような素晴らしい香り!味はもう少し落ち着かせてからもう一度となりました。

翌日いただくと、ほんの二ヶ月ほどでこんなに美味しくなるのか!!と言えるほどの出来でしたよ。

この時期に毎年出来上がる新酒、味を比べると言うよりは、今年も無事に収穫できた喜びと、味わう事ができた感謝をする時なのでしょうね。
いよいよ解禁です!!
no.jpg

イタリアの新酒が到着しました!!11月6日が解禁日です。

今年の出来はどうでしょうか?気になるところです。

VACANZAではボトルだけでは無く、グラスでもご用意しています。

今年の出来を是非お確かめくださいね!!
今年こそ・・・
pug.jpg

去年のお正月にペットショップに新入りを見に行った時、とても気になるカレンダーがあった。

シェフは昔からパグが大好きだ。

愛想が良いところや、落ち着きのないところなど最高である!!それにあの変な顔がまたカワイイ!!

ペットショップに行っては、抱っこさせてもらっている。(買わないけれど・・・)

気になるカレンダー、勿論パグたんである。

だがいい歳してファンシーグッズ(懐かしい!今は言わないですかね・・・)の部類に入るパグたんのカレンダーは買えなかった・・・

その後、やっぱりどうしても欲しくなり決意を胸にカレンダーを買いに行った。

カレンダーの棚に行くと、すでに無かった・・・

店員さんに尋ねると、「売り切れました!」遅かった・・・

あちらこちら見てまわったのだが、パグたんのカレンダーは何処にも無かった。

帰りに本屋さんで犬のコナーにパグファンと言う名の雑誌があった。

それで我慢した。

それから月日が経ち、見つけた!!

来年のカレンダー、そこにはまん丸目のパグたんが居た。



鰯の接岸
su.jpg

仕事帰りにアジ釣りをしていると、鰯の大群が港の中に入っていた。

この季節の到来である。

鰯が接岸すると、それを追ってハマチやスズキなど、鰯を食べる大型の魚もやって来る。

シェフは岸釣りが好きなので、このタイミングで釣りをする。

状況と潮さえ読めれば、ある程度の釣果は上げられるようになった。

シェフの小さな自慢である。
フランボワーズ
ro.jpg

アールグレイの生地の中に、バニラのクリームを詰めて巻き上げたケーキ。

美味しいのだが、何か物足りない?

酸味だ!

料理においてもよく酸味は活躍する。それが料理にパンチを与えたり、香りを引き出したり、甘みを強調したりと。

酸味は働き者だと思う。

シェフは今酸について勉強中だ、難しい・・・解らない事だらけだ・・・早く酸の料理における方程式を確立したい。

まだまだ時間がかかるとは思うのだが・・・

果物にも酸味がある、フランボワーズの酸味が今回はピッタリきたみたいだ。
自分らしく
it.jpg

シェフのお店のワインリスト、イタリアの地図に手書きしてある。

なんでも自分らしく少し変えるのが楽しい。

特に鞄などは、持ってる人の個性がでる。

ほんの少しだが、自分のカラーが出てる人を見かけると素敵に見える。

良い物(ブランド物など)も凄く好きだが、お安い物を少し自分らしくするのもイタリア的な気がする。
copyright © 2005 料理と人生は日々修行!vacanzaCheflog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。