料理と人生は日々修行!vacanzaCheflog
神戸北野にある一日6組様限定のイタリア料理店VACANZA シェフの日常を覗いてみるドキュメンタリーです。お役立ちレシピ公開や料理道具あれこれなど珍情報満載!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご苦労様。
DSC_6880のコピー

VACANZAがオープンしてからずっと働き続けてくれたストーブ(ガスレンジの事です)。

まだまだ現役のように見えますが、あちらこちらガタがきていてそろそろ引退の時かも知れません。

今日仕事が終わり、いつものように掃除していると急に寂しくなってきました・・・

オーブンの温度計の無い感覚タイプ!?(笑)

シェフには一番安いこのタイプが合っていたのかも知れません。。。

年内最後の日まで大切に使って行こうと思います。
スポンサーサイト
難しい・・・
DSC_9543のコピー

この機会は包丁とぎ機です。

とても便利です!!と言いたいところなんですが、これまた使い辛い・・・

お料理教室でお世話になっている山嵜さんが見つけてきた物です。

早速使わせて貰うと、メチャメチャ便利!!だと思い、即買いしたのですが、使い方が難しいのです・・・

今まで手の感覚で砥いできただけに、機会の感覚がイマイチ掴めません。。。

次回の教室で使い方を習おうと思います。

シェフのお勧めにはまだ至っておりません・・・

これぞ!!と言う使い方を習得すれば、またご紹介いたします!!
これ便利!!
DSC_9516のコピー

塗装の錆びを落とす道具で、ワイヤーブラシと言います。

実はこれかなりの実力者なのです。

その名の通り使えば勿論働き者ですが、その他に魚屋さんが鱗とりとして使っているのです。

シェフが昔、魚屋さんでアルバイトさせてもらっていた時、驚いたのを覚えています。

これ小さな鱗の魚には抜群の威力を発揮するのです。

例えばブリやヒラメなど、金たわしでとる事も出来ますが、こちらは安全に早く作業できます!!

力加減に気を付けて作業しないと、魚の身を傷めてしまいますが、キッチンに1本あると重宝します。

シェフのお勧めですよ!!

セルフプレゼント!?
DSC_9802のコピー

先日無事に37歳の誕生日を迎えてしまいました。。。

めでたい!?のか、そうで無いのかは置いといて・・・

自分へのプレゼントを買ってきました。。。なんだかとても寂しいような気もしますがね・・・

以前より欲しかったガスストーブです。

シェフの愛用ストーブはホワイトガソリン使用だったのですが、もっとコンパクトで手軽な物を探していたのです。

これがあれば、どんな所でも簡単な食事を作る事や暖かい飲み物を用意する事が出来ます。

寒くなるこれからの季節何かと重宝しそうです!!





柳刃包丁
DSC_7985のコピー

お寿司屋さんなどでお馴染みの柳刃包丁。

柳なんて呼ばれていますがね。

シェフはイタリア料理ですが、柳刃包丁の変わりに筋引きと言われる細身で長い包丁を使用しています。

やはり柳刃包丁の方が、魚の皮を引いたり、そぎ造りにする時は便利ですね。

ご家庭では8寸くらいがちょうど良いのではないでしょうか?

包丁を変えただけで明らかに味が変わりますから、ばかに出来ないですよ。

それに気分が変わりますよね!!

ただ、長く危険なので取り扱いには十分気を付けて下さいね。

ちなみにお値段7000円ほどです。(入門用です、プロは大体6万円から上は果てしなくみたいですよ)
船行。
DSC_7992のコピー

お料理教室で使用している包丁ですが、生徒さん達に好評です!!

そこで、皆さんにもご紹介しようと思います。

写真の出刃包丁、見た目は普通ですが。。。

DSC_7997のコピー

刃の厚みが凄く薄いのです!!

初めて出刃包丁を使われる方が皆さん口にされる言葉があります。

使いにくい・・・

その原因が刃の厚みなんです。

そこでこの包丁の登場です。

明石特有のものかどうかは、不明ですが浜では「船行」と呼ばれています。

その名のとおり、漁師さんが船の上でなんでも出来るように工夫されています。

骨を切ったり、お刺身にしたり、皮を引いたりも出来るのです。

ご家庭で1本あれば便利ですよ。

ちなみに、1本5000円ほどで明石市内の刃物屋さんで購入できます。

シェフのお勧めです!!



オリンパス E-P1
DSC_4814のコピー

シェフ愛用のカメラはニコンのD3だ。

プロスペックが好きなシェフなのです。

が、ハッサクさんが持つとなると少々オーバースペックなのです・・・

大きくややこしい!?だけのカメラみたいです・・・

先日友達の結婚式に出席した時に、フィルムカメラを貸してあげたのですが、いまいち不評でした・・・

フィルムは今でも良いのですが、それは写真が好きな人達だけの話みたいです。

一般的なコンパクトデジタルはいろいろなメーカーから発売されていますが、興味をひかれる物が無く困っていました。

そこで目に飛び込んできたのがオリンパス E-P1です。

これ面白いです!!

ハッサクさんが持ってもちょうど良い感じですし、シェフがごちゃごちゃといろんな設定で撮影する事にも応えてくれそうです。

画質的にも普段使いなら問題なさそうですし、かゆい所に手が届いたカメラ!!そんな感じです。

発売は7月の3日ですが、予想を上回る注文にメーカーが大慌てみたいです・・・

気になる方は急いで予約した方が良いかも知れませんね。

おしゃれな女性にぴったりくるカメラですよ!!

カメラ屋さんへ急げ!!
5年保証。
DSC_4915のコピー

シェフが5年前に購入したパソコン。

以前から不具合がでて、何とかだましだまし使ってきたのだが、今月の末に5年保証が切れるので慌てて修理に出した。

それが、昨日修理完了の連絡が。

引き取りに行くと、今回の修理で中をごっそり取り替えてくれていた!!

ラッキー!!

新たにパソコンを購入しているので、このパソコンの行き先は?

あるのです。

姉貴が使っているパソコン、なんと!!98です・・・

さすがに厳しい状況でした。

なので姉貴に使って貰う事に。

せっかく修理完了したパソコンが、無駄にならなくて一安心です。

電化製品は、5年保証に入りましょう!!

これ、かなりお得です。。。
砥石の砥石!?
DSC_3890のコピー

シェフは包丁を研ぐのが好きだ。

正直そんなに上手い方では無いと思う・・・

そんな研ぎは人によってかなり癖がある。

包丁にも癖が現れるのだが、砥石にも癖がでる。

砥石がだんだんと波打ってくるのだ、それが原因でまた包丁に癖が出るといった悪循環に陥る・・・

そこで便利なのが、砥石の砥石。

解ります?

砥石を研ぐ専用の砥石が存在するのです。

以前はコンクリートなどにガリガリと擦って平面を調整していましたが、これを使えば綺麗に平面が修正できます。

その砥石の砥石、パッケージには砥石の砥石が波打ってきたら砥石の砥石を研ぐ砥石で修正して下さいと、何が何だか解り辛い説明が書いてあった・・・(笑)

どこかで新品に換えないといけませんよね。。。

砥石が波打っているご家庭では砥石の砥石、一ついかがでしょうかね?
優れもの
DSC_9366のコピー

掃除機にも流行があってサイクロンやら、省エネやら新しい機種が続々と登場している。

シェフのお家でも掃除機を購入しなければならなくなり、いろいろと探したのですが、なかなか良いものが無く・・・

正確にはお値段のお安い良い掃除機が無くです・・・

丈夫でパワーのあるドイツ製。

ミーレの掃除機です。

難点は重いこと・・・2階建てのお家にはお勧めできません。

排気が、上方向に向いているので埃が立ちにくいのとフィルターがアレルギー対策してあって安心な事です。

20年は元気に働いてくれるそうです!?

ほんとでしょうかね???

ただ使い勝手は最高に良いですよ!!シェフおすすめです。
DSC_1952のコピー

いつもシェフが愛用していた鞄が、ついに破れた・・・

そうなれば修理して貰おうと思っていたのだが、修理不能みたいだ・・・

いろいろと探しているのだが、なかなか見つからない。

少し気になっていた鞄があったので、今日見に行ってきた。

パソコンも入るビジネス用の鞄。

25%OFFの値札が!!

早速購入しました。

フィンランドのメーカーだそうです。

いつも荷物が多いシェフですが、これならシンプルに使えそうです。
包丁。
DSC_1955のコピー

一目見て、気に入りました。

ROSENDAHLのステンレスナイフ。

シェフが使っている物より少し短めですが、デザインがカッコイイ!!

デンマークのメーカーだそうです。

一方、日本製で有名なGLOBAL。

シェフも好きですが、少しデザインが気に入りません。

このナイフ実はGLOBALのナイフと同じデザイナーです。

そう言われるとどことなく解るような気がします。

こちらはナイフらしいシルエットが素敵です。

ステンレスなので、メンテナンスのしやすさも魅力です。

仕込み用として使う予定です。

このシリーズ、なかなかのラインナップですので、お好きな方は要チェックですよ!!
相棒
DSC_0329のコピー

シェフの相棒、インパクトドライバーと振動ドリル。

お店に写真を飾ろうと思っても、道具が無いと話しになりません・・・

かれこれ10年間愛用しています。

テレビでリフォーム関連の番組でお馴染みの、大工さんがガリガリガリガリと締め込んでいる工具です。

ご家庭では必要ないと思われるかも知れませんが、とにかく出番が多い工具です。

組み立て家具なんてこれなしには考えられません。

特に力の無い女性には必需品だと思います。

雑誌などで、主婦の方が大工さん顔負けの腕を披露されているのも目にします。

振動ドリルは硬いコンクリートに穴を開ける為にしようします。

これはあまりお勧めできませんが・・・(爆音がしますから隣近所から物凄いクレーム間違いなしです。笑)

ですが、どうしてもここに写真を飾りたい!!なんて時には必需品なのです。

どこのメーカーでもそんなに変らないと思いますが、シェフはマキタを愛用しています。

何でも自分でとお考えならお勧めしますよ!!
時計
DSC_0010のコピー

ずいぶんと部屋らしくなってきた我が家。

無くて困っていた物、それは時計。

今の感じにあったおしゃれなものも沢山あるのでしょうが、そんな事言い出したらキリが無いので、ゴソゴソと納戸へ。

良い感じに寂れてて、安ッポそうな時計が出てきました。

シェフが昔、雑貨屋さんで購入した物です。

まあ、今見てもそんなに変ではなさそうです。

しかし、安いだけあって時間が物凄く不正確なのです・・・

12から6までは下りなので調子が良いのですが、6から12までが上りなので調子が悪いのです・・・

時計屋さんへ持って行って修理しても良いのですが、1500円では直らないと思いますし・・・(当時の購入価格です)

近所にユリ・ゲラーが居れば相談するのですがね・・・(ふるい!!笑)

せっかく取り付けたので、少し様子を見て見るとしますか。。。
ベッドがやってきた。
DSC_9465のコピー

朝から大阪までベッドを引き取りに行ってきました。

今回のベッドはすごくシンプルなものですが、丁寧に作ってありいつまでも飽きのこないベッドです。

シングルを二つお願いしていたのですが、引取りの時シェフの車に入るかどうか心配でした。

が、十分に積み込む事ができました。

マットレスは初めに引き取っていたので、今回は写真のとおり。

早速組み立てです。

DSC_9471のコピー

簡単に組あげる事ができました。

細かい所まで丁寧な作業がしてあります、家具職人さんの仕事に頭が下がります。

お布団をのせてみるとこんな感じです。

DSC_9501のコピー

正直、小さな部屋にベッドを二つ置くと、何のベッドかよく解りません・・・

できれば余裕のあるお部屋に置きたいベッドですね。。。



琺瑯製品
DSC_9217のコピー

最近、気に入っているのが琺瑯製品だ。

琺瑯とは、金属の表面に錆び止めや装飾の為に、ガラス質の釉(うわぐすり)を焼き付けた物で、味があるし、実用的です。

そしてなにより洗い心地が良いのです。

簡単に汚れが落とせます。

お値段的には少し高めですが、長持ちしますしキッチンが好きな方には是非おすすめですよ!!
ストーブ。
DSC_9249のコピー

ちょうど先月に購入した、対流式ストーブ。

1ヶ月経ち、随分と使いやすくなってきた。

灯油の減り具合や、メンテナンスなど。

使ってみないと解らない事ばかりだ。

一番気になっていた臭いについてだが、今のところ全く気にならない。

一つだけ欲を言えば、ストーブに鍋がかけられない事だ。

アラジンのストーブならお鍋がかけられたのに・・・

ですが、危険ですからダメだったような気もします。(安全上おそらく禁止だと思います。)

ストーブで煮込みなんて作ったらコトコトとじっくり火が入りそうですが、実際はグラグラ煮えたぎってしまうんです・・・

よほど小さな火に設定しないと。。。

これも危険ですから、注意してくださいよ!!

イタリアで熱源が変れば、お料理のバリエーションが限りなく増えると教わりました。

安全に使用できる、ストーブができないでしょうかね。。。
イマイチ・・・
DSC_7295のコピー

1ヶ月ほど前から注文していたワゴンがやってきた。

だが、

大きさと使勝手がどうも・・・

ネット注文したのですが、難しいですね。

実際にお店で確認してからの買い物でも、よほどしっかりと下調べをしていかないと、お家で後悔するなんて事もよくありますよね。

このワゴン、今シェフのお家ではナゼか???玉葱がネットごと一番下の段にのっています・・・

どうですかねこんな使い方・・・(笑)

ワゴンには申し訳ありませんが、もう少し出番を待ってもらう事にします。。。

箸置き。
DSC_5638のコピー

この写真なんだか解りますか?

実は本物のいりこで型を起こし、製作された箸置きなんです。

以前シェフがお箸屋さんで見つけ、一目惚れした箸置きです。

これでお客様を迎えると、皆さん驚いてくれます。(笑)

かなりリアルです。。。

こんな遊び心って大切だと思います。
ストーブ。
DSC_6661のコピー

エアコンの風がどうも馴染め無いので、ストーブを購入する事にした。

暑がりのシェフは、一般的なストーブでは直ぐに消してしまう。

昔からの憧れは、アラジンのストーブ。

炎が見えるタイプが好きでした。

対流式なので、ほんわかと温まるし。

もっと味のあるストーブは無いかと探していると、ニッセンの石油ストーブに出会いました!!

このストーブは、アラジンと温まり方は同じですが、灯りにもなるのです。

薪ストーブに憧れている方にもおすすめです。

ただし、メンテナンスが大変だったり、タンクが一体型だったりと何かと不便ですが、シェフ的には納得のストーブです。

燃費も良くて、手は掛かりますが味のあるストーブをお探しの方にはおすすめかも知れませんね。
オーブン設置。
DSC_5368のコピー

オーブンに電気が通り、これで設置は完成です。

ガスと電気どちらが良いのか?

シェフもよく聞かれる質問ですが、シェフ的にはどちらでも良いです。

ガス、電気、どちらも特性がありますが基本的に大切なのは、湿った熱か?乾いた熱か?

温度の奥行きが高いか?低いか?

密閉状態はどうか?などです。

お菓子作りに向いたオーブンなのか、お料理に適しているのか。

ケーキ屋さんは電気釜が主流ですし、お料理にはガスが使いやすいのも事実です。

どちらにせよ、使いこなせばなんとかなります!!

諦めずに特性を理解して、上手く使いこなせば電気、ガス共に美味しい物ができると思いますよ!!

ちなみにこのオーブンは電気です。

シェフも使った事が無いのでなんとも言えませんが、このオーブンをチョイスした決め手は?

ズバリ!!

見た目です・・・

そんなもんです。。。
故障中・・・
kuのコピー


ワインセラーの調子が悪い・・・温度が下がらないのだ。

ワインセラーは庫内温度が一定では無く、上段から下段に向かって温度が下がる設定になっている。

その温度に合わせたワインを保管する仕組みなのだ。

今回の不調は冷却系の問題。。。

色々な原因が考えられるのだが、今回は素人にはどうしようも無いので、業者さんに見てもらった。

見てもらうと、やはり冷却用のガスが原因だろうと言う事になった。

お店では修理できないので、工場に運び修理するそうだ。

その間、代わりのセラーを貸して貰う。。。

大変です・・・

また修理費も凄い!!

新しいセラーを買った方が良いのか?悪いのか?

どうしましょうか???

長く壊れない物もあれば、故障続きの物もあるように、あたりとでも言いましょうか。。。

もう少し思案するとします。。。
相棒
peのコピー


シェフの相棒の包丁達、早く世代交代をと思っているのだが、なかなか出来ない・・・

やはり愛着があって手に馴染む。

去年からそろそろ引退かと思っているのだが、どうも・・・

先月新しい包丁を導入し、引退させたいのだが・・・

こんな風にどんどん道具が増えていくのでしょうかね(笑)。。。

お箸の魅力。
ohashi.jpg

お箸で味が変わると言う事をご存知でしょうか?

以前に食事をした和食屋さんで体験した事。

それを友達に話したら、早速お店で使えないだろうか?と相談があった。

和食屋さんでは、お箸を使いまわすと言う事はありえないそうだ。

シェフの感覚では、別に良いのでは?と思っていたのだが。

そうではないらしい。

そこで考えたのが、販売するというものだ。

是非、体感して頂きたいので、興味がある方だけにお勧めしてみようと言う事になった。

そのお箸で食べると、こんなに繊細に味を感じる事ができるのだと感動する。

ご家庭でも是非お試しになって下さい。

いつものお料理ではなくなるはず。

お勧めですよ!!
耐用年数
20070820035502.jpg

シェフのお店の調理道具は満足のいく最高の設備ではない。

最新式のキッチンを見ると憧れる。

時間を短縮できたり、品質を安定させたりする事も可能だ。

今のシステムはかなり原始的・・・(笑)

オーブンの温度管理も勘である。

まあこれも修行の一つと言う事で、自分をごまかそう。。。

しかし、この暑さで冷凍庫が心配である・・・

大丈夫だろうか???

今まで夏場に何回か壊れた事がある。

心配だ・・・

そろそろキッチンの設備も耐用年数を過ぎようとしている。

頑張れ冷凍庫!!
和食器
chindai.jpg

食器は凄く奥が深い。

特に和食器の世界は別格だと聞く。

シェフのお店の食器はイタリア製、リチャード ジノリと言います。

凄く使いやすいし、少々どんくさい?!盛り付け方をしても食器がカバーしてくれます・・・助かります・・・

有名な作家の物や、ブランド品でなくても素敵な物も沢山あります、雑貨屋さんで一目惚れするなんて事はよくありますよね。

和食器の世界は(正直よく解りませんが・・・勉強しときます。)かなりディープです。

興味はあるのですが、なかなかネ・・・

ですが、迫力のある大皿に焼きたてのパンがのっていたり、土色の食器に大胆な煮込み料理をのせてみたりと、興味津々です!!

これから勉強しよと思っています。

写真は知り合いの陶芸家の工房を尋ねた時の、焼き待ちの食器達です。

欲しい物
sin.jpg

去年から探していた竿が手に入った。やった!!嬉しい!!

バス用の竿だ(ブラックバス用です)日本の生態系を荒らす悪いヤツなんて言われてはいるけれど・・・

シェフは釣りが大好きだ、小学生の頃からバス釣りをしていたのだが、高校生の頃にバス釣りの大ブームがやってきた。

大人達が本気で道具を揃え、お金を掛けて釣りをする訳だから今までのように沢山釣る事ができなくなってきた。

そんな時に海のルアー釣りを始めた。

今ではたまに友達から子供に釣りを教えたいから連れて行ってと依頼がある。

その度に昔の道具を出してきて、近所の野池に釣りに行く。

そんな時に限ってよく釣れたりもする(笑)

テレビの釣り番組なんかでは、高そうなボートで竿を何本も持ち華麗に釣りをするトッププロなんかを目にする。

それはそれでカッコよかったりするのだが、何年か前から気になる人がいる。

彼はそんな中、岸から釣りをする事にこだわっている。

今でも子供達と同じ条件で釣りに挑む。

カッコイイ!!

それも心から楽しんで。

それに共感する方も沢山いるみたいだし。

その人が作った竿だ。

シェフはバス釣りをする為に購入したわけではない。

この竿で海に行くつもりだ、自分の好きな用に使えばいいのだ。

自分のスタイルを持っている人を心より尊敬する。

シェフもそんな生き方をしてみたい。

新兵器登場!!
op.jpg

今年に入って新しい道具を買った。

実は釣りの為に購入した物だ、その名は非接触温度計。これは温度を測りたい物に触れずに、測る事が可能だ。

計測時間も短くて、つかいがってが良い。

海の水温を測りまくった。

ある日料理に流用できないかと考え、使ってみることに。

これがなかなか面白い。

普段何気なくこなしている作業も、温度を測ってみると凄くヒントになること、発見する事があった。

ワインなんかも温度については物凄くシビアです。勿論専用の温度計があるのですが、この新兵器なら素早く衛生的に測る事できます。

美味しいと思った時、瞬時に温度を測る事も出来、素晴らしい。

まだまだ活用法がありそうな予感にワクワクしています!!
冬用タイヤ
sn.jpg

冬用タイヤって知ってます?雪国の方は当たり前ですが、神戸の市街地にお住まいの方には馴染みがないかも知れません。

別名スタッドレスタイヤとも言います。

路面に雪が積もっていてもチェーンなしで普通に走れます。素晴らしい!!

シェフはこれなしでは雪国に行けません。

とにかく安全で便利ですからオススメです。メーカーは今時どこのメーカーのタイヤも素晴らしいですが、やはり石橋タイヤ製は最高です!!シェフオススメです。

勿論チェーンでも大丈夫なんですが、雪のある路面と無い路面がまだらに続くような状況では重宝します。

去年も神戸の市街地で急に積雪があった時、かなりの事故が発生していましたから、12月に入ると履き替える方が安全かもしれません。

費用の掛かる事ですが、安全が買えると思えば安いかも知れませんね。

ただし過信は禁物です!!安全運転で行きましょう。

シェフも明日車の整備をしようと思います。
copyright © 2005 料理と人生は日々修行!vacanzaCheflog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。